猫ちゃんを家族としてお迎えする方法いろいろ

by: admin

1.ペットショップで買う

昔はペットショップといえば犬や小動物、魚などが主で猫はあまり見かけませんでしたが、最近の猫ブームからかペットショップで猫を見かけることが増えたように思います。ペットショップのメリットは、実際に猫を見て決められるということでしょう。偶然通りかかったペットショップで目が合って運命を感じ、そのまま買って連れて帰ってしまうというのもペットショップならではですね。その場で猫の飼育に必要な道具も揃えられるというのも利点です。

2.専門ブリーダーから買う

長年ブリーダーを生業にしている人の多くは、特定の猫種のみ飼育、繁殖しています。そのため専門の猫種の詳しい知識があり、良い血統、良い健康状態の猫を譲り受ける確率が高くなります。また、経験を積んでいるブリーダーはキャットショーで成績を残した猫を親猫に持つ子猫を里親に出していることがありますので、将来自分の愛猫をキャットショーに出すことを夢見ている方は、ブリーダーから子猫を譲り受けることをオススメします。

3.保健所から猫を譲り受ける

日本では毎日多くの猫が保健所に収容されています。そのまま月日が過ぎれば、殺処分されてしまうのです。その様な猫を引き取って買うこともできます。各自治体の動物愛護センターで、定期的に譲渡会をやっているケースもあり、それに参加すれば実際に猫と会ってどの子を引き取るか決めることができます。猫はとても神経質な動物なため、実際に会って相性を確認するのが良いでしょう。譲渡会の開催の有無や、里親募集をしているかどうかは各地方自治体によって異なりますので、詳しくはお住いの自治体にてご確認ください。失われていたかもしれない命を助けることができるかもしれません。

子猫販売なら東京に多くの子猫が集まってきます。ペットショップの数が多いためで、数多くの種類がいます。