外観も綺麗に!ステンレス製機械式時計のケース&ブレス手入れ

by: admin

ステンレスの特性を知っておこう

機械式時計には様々な種類のものがありますが、材質的に最も多いのは、ケース・ブレスともにステンレス製のものです。ステンレスは頑丈でなかなか錆びにくいと思われていますが、案外簡単に汚損することがあるため、機械式時計を綺麗に保っておきたいと考えている人はその特性について理解しておく必要があります。ステンレスには特性がいくつかありますが、最も主要な特性は空気中の酸素と結びついて錆びを発生させにくくするというものです。

こんな場合はステンレスでも錆びることがある!

鉄などは湿気を含んだ空気にさらされると錆びて腐食してしまいますが、ステンレスの場合は空気にさらしておいた方が錆びにくくなります。従って機械式時計を過剰な状態で保管することは、余計傷める可能性が高くなります。例えば、購入した直後などにケースやその裏に貼ってあるフィルムやシールをそのままにしておくと、ステンレスに空気が触れずに錆びを誘発することになってしまいます。また、海で浴びた塩水などもそのままにしておくと、ステンレスでもあっさり錆びてしまうことがあります。

機械式時計を錆びさせないためには

ステンレス製でできた機械式時計のケースをブレスを錆びさせないためには、相応の手入れが必要になってきます。特に空気に触れさせなくなるような汚れなどは常に落とすように心がけなければなりません。汗やほこりなどは当然として、車の排気ガスなどでも汚れて錆びの原因となるため、機械式時計を外した時にこうした汚れを毎回拭き取るようにしておきましょう。その際、目の粗いタオルなどを使うと傷がついてしまう恐れがあるため、目の細かい研磨剤を塗った後にセーム革で数分間汚れを拭くと良いでしょう。

グランドセイコーは有名な腕時計のブランドです。高級品から手頃な価格で購入する事が可能な値段まで幅が広いです。