油断大敵!?ダイバーズウォッチでも浸水で故障することが…

by: admin

機械式時計のダイバーズウォッチとは?

昨今では機械式時計も、生活防水に対応したモデルが多く発売されるようになってきました。一方で、完全防水を謳った「ダイバーズウォッチ」と呼ばれるモデルが発売されています。一般的に生活防水と完全防水の差は気圧防水にあり、生活防水の場合は3~5気圧防水のものを指します。これは雨や洗顔の際の濡れにまでは対応できるといった程度の防水性能です。これに対して完全防水のダイバーズウォッチは、30気圧までの防水性能を備えたもののことを指します。

ダイバーズウォッチでも浸水する場合がある!?

ダイバーズウォッチはスキューバダイビングなどで使用しても浸水することはありませんが、一方で誤った使い方をすれば浸水して故障する可能性は大いにあります。具体的には水中でプッシュボタンを押す、リューズを起こすといった操作を行うと、時計の内部に水が浸入してしまいます。また、クロノグラフ操作なども水中では厳禁です。ついついスキューバダイビングでどのていど潜ったかストップウォッチで計ってみたくなりますが、こうした行動は機械式時計を故障させる原因につながります。

ダイバーズウォッチを水中で使う前に確認しておくこと

機械式時計の各機構は、無限にその性能が保証されているわけではありません。防水性能についても長く使用続けていけば劣化するのは当たり前で、特に浸水を防ぐパッキンのゴムなどは劣化しやすい部品だと言えます。こうした部品が正しく機能し、所期の防水性能が発揮できるのかを実際水中で使用する前に確認しておく作業が必要です。最低でも1~2年に1回は必ず水に浸してみて、その防水性能が機能しているのかテストして確認しておくように心がけておきましょう。

ウブロは、デザイン性だけでなく機能性にも大変優れた時計として多くの支持を集めており、日常の様々なシーンにおいて活用できます。